top of page
  • 執筆者の写真白鳥誠弥

スイスの大卒1年目年収は902万円

んにちは、白鳥です!


今の日本は


世界の中でも

景気が特にヤバい

言われていますが、


具体的に

 どれくらいヤバいのか?


というと

ピンと来ていない方も

多いと思います。



例えば、

今の日本円の価値

10年前の約半分くらいまで

落ちていると言われています。


世界通貨ともいわれている

「金」の価格推移で

分かりますね。



問題なのは、

日本円の価値が

半分になったら、


給料の金額も

倍になってないと

おかしいよねって話です。



現に、

アメリカでは

貨幣の価値に合わせて


給料の額面上の金額も

年々上がっており、


今は理系大卒"初任給"で

年収700〜900万円

普通みたいですね。



スイスでは

大卒一年目の平均年収

902万円だそうです。


これは、

会社員全体の平均年収では

ないですからね。


"大卒1年目"


の平均給料が

日本円換算で900万円を

超えているそうです。



お隣の中国

貨幣の価値の増減に合わせて


去年より10%ほど

給料の金額が

上がってるみたいです。



よく、


外資系の企業は

 給料が良い


なんてイメージがある人が

多いと思いますが


それは

日本の企業に比べ

グローバルな視点で

給料を支払ってるので


日本円の価値が下がったら

 その分支払うべき日本円は

 高くなるのは当たり前だよね。


って感覚で

給料を支払ってる為ですね。




では比べて

日本の企業はどうなのか。


10年前から

変わっているかというと、、、



答えは言わなくとも

分かりますよね。



日本人は

鎖国的な考えで、


日本円での

額面上の金額でしか

物事を判断しないので、


貰ってる給料の

価値ではなく金額を見て


上がった下がったを

判断する人が多いです。



これからどんどん

日本円の価値は

下がっていく事が

容易に予想できるので


もしこれから

余裕のある生活を

送りたいのであれば、


生活が苦しく

なっていく前に


少しで早く

自身でお金を生み出す力を

身に着け、


会社に頼る生活から

卒業したほうが

良いかもしれませんね。



風の時代


と言われる今の時代は


まさに風にように

何にも縛られず、


フットワークを軽く

自由気ままに生きていく事


良い人生を歩む秘訣です。



少しでもピンと来た方は

会社に頼らなくても

生きていけるよう、


一歩ずつでもいいので

少しづつ前に

進んでいきましょう。



人生楽しんだもの勝ちです。



今回の話が

少しでもあなたのお役に

立てましたら幸いです。



ではまた

ご連絡しますね!



白鳥誠弥




Comments


記事: Blog2 Post
form-title4_edited_edited.jpg
btn1 (2).png
bottom of page