top of page
  • 執筆者の写真白鳥誠弥

【恐怖】男子高生がビジネスを覚えたらヤバイ

んにちは、白鳥です!



最近知ったのですが、


今の高校生の恋愛観が

昔と今ではかなり

変わってきているみたいです。



僕の世代は


見た目

性格

スポーツが出来るか

勉強が出来るか


の4大要素くらいが


恋愛の判断材料だったと

思います。



しかし、


今の高校生の

恋愛の価値観は


4大要素から1つ増えて


5大要素

なってるみたいです。



その新しい要素が


SNSのフォロワー数


です。



今の高校生は


インスタや

ツイッター、

Tiktokなど、


各種SNSでの

フォロワー数が

どれだけいるか



ステータスに

なってきているようです。



つまり、


個人の影響力が

 どれくらいあるか


が魅力の一つに

なってきつつあるんですね。




この話を初めて聞いた時、



あー、

 こりゃヤバいな。


と若干焦りました。



というのも、


男子校生の


とにかくモテたい!


という性のパワー

ものすごいからです。



もし、


今の男子高生が

本気でSNS集客を学べば、


女子にモテたい!


という一心で

ひたすら作業に

打ち込むと思います。



現に、


今でもチラホラ

フォロワー数が増えた影響で

インフルエンサーとして活動し、


月収数百万円


という現役高校生

現れています。



今はまだ

高校生という立場上、


「フォロワー数が多い

 =モてる」


くらいにしか

思ってない人が多いですし、


マネタイズするための

方法までは


多くの高校生が

考えていないと思います。



SNSのフォロワー数と

ビジネスの関係に


結びつけていない人が

まだまだ多いです。



しかし、


彼らの中に僕みたいな

ビジネス系の

情報発信者が増えて、


現役高校生がSNS集客して、

 お金を貰いながら

 女の子にもモてる方法


なんて情報を

発信しだしたら


爆発的に

広まると思います。



しかも彼らは

生活費という

概念が無く、


お小遣い程度の


3千円で教えます!


なんて低価格で

どんどんノウハウが

広まると予想しています。



近い将来、


SNS集客の場を

若者がほぼ独占する日が

来ると思います。



それだけ若者の


モテたい


という

性のパワーは強いです。



またそうして

集客を学んだ学生は

企業側にとって、


喉から手が出るほど

欲しい人材なので


かなり優遇されます。



もし働きたい企業が

見つからなかったら


そのまま自分で

起業するのもありです。



もしかしたら近い将来、

企業側の判断項目


「SNSでのフォロワー数」


が追加される日が

来るかもしれません。



それだけ今は、


個人の影響力」が


重要視される時代に

なってきているんですね。



今のこの時代は


ピンチでもあり、

チャンスでもあります。



今のうちに

集客を学んでおけば、


時代に乗り遅れずに

世間から重宝される人間

なることが出来ます。



今はまだまだ、


見込み客の集客を

できる人が

少ないですからね。



ビジネスの世界では

フォロワー数を

無駄に増やした所で


収入は増えませんからね。



見込み客を集める

集客力を今のうちに

習得しておけば、


収入には

困らなくなると思います。



この話を聞いて

少しでも、


ちょっと集客を

 勉強した方がいいかもな。


と思われた方は、


僕のプログラムに参加して

基礎から学んでみるのも

ありだと思いますし、


僕以外の方でも

集客の仕方を教えている人は

いると思うので


探してみるといいです。


ビジネス詐欺には

 気を付けてくださいね笑



今日の話をまとめると、


高校生の恋愛要素に

 「フォロワー数」

 が加わっている


今は個人の影響力が

 重要視される時代


時代に乗り遅れないよう、

 今のうちに集客を勉強しよう



という話でした。



恐らく今が

ビジネスを学ぶのに

絶好の時代だと思っています。


世の中が、


個人の影響力


を求めている

時代ですからね。



下の世代の子達に

負けないよう、


ビジネスの本質から

1歩ずつ学んでいきましょう。



少しづつ頑張っていけば

必ず成功する日は

やってきます。


一緒に頑張っていきましょう!



今回の記事が少しでも

あなたのお役に

立てましたら幸いです。



白鳥誠弥






Comments


記事: Blog2 Post
form-title4_edited_edited.jpg
btn1 (2).png
bottom of page